第3回ニッコールレンズフォトツアー 参加 1日目

昨年末、Nikkor 70-200mm f4 を購入した際についていた「第3回 ニッコールレンズフォトツアー ご招待キャンペーン」の応募券を出したら、ツキのない私なのに、何故か当選してしまったので、仕事をサボって参加してまいりました~♪

———-
4月11日(土)、北海道の天気は雨時々曇り。
レンズに優しくない天気です。

最近、仕事で地獄を彷徨っていた私にはヘルモードなスケジュールでした。
しかしながら、残り少ない体力を絞りだしただけの十分楽しいツアーでした!

———-
最初の撮影地はノーザンホースパークさん!

ノーザンホースパークといえば…
啼く馬も黙る日本のサラブレッドのトレンドを作りつづける社台ファームさんのテーマパークです。

写真は「2代目の吉田善哉様とノーザンテースト先輩」
「ノーザンホースパーク、吉田善哉氏といえばこの像でしょ~!」ということで撮影。
D7100 + Nikkor 70-200mm f4 で撮影。
吉田善哉氏とノーザンテーストの銅像 - Mr.Zenya Yoshida and Northern Taste's Statue

ここではツアーのインストラクター?である野口純一先生も使う機会の多という Nikkor 600mm f4 という神レンズを体験使用することができました。
被写体はウインドインハーヘアさん!ディープ君のご母堂ですね~♪
フルサイズ陣はもう少し画角が広く撮れていたのですが、「悲しいけどこれがDXなのよね~」と言いたくなるドアップw
ですが、ドアップらしく眉毛に止まる雨の滴も綺麗に映っていました。
D7100 + Nikkor 600mm f4にて撮影。
ウインドインハーヘア - Wind in Her Hair

厩舎のお掃除の光景です。
厩舎内の色合いがごちゃごちゃしていたので、白黒化してごちゃごちゃ感を減らしました。
ツアー開催のオリエンテーションにて、野口純一先生が作例として提示されていたので、同じようにしてみたのですが…
そこそこ満足?
D7100 + Nikkor 70-200mm f4
馬小屋 - Stable

こちらも厩舎ですが、お馬さんがお仕事から帰ってくる際に職員さんに連れられている光景です。
同じく白黒加工する際に明るさを大きく変更して、陰影を強く出すようにRAW現像しています。
お馬さんの足の太さから察するに「ばんば馬」ではないでしょうか。
D7100 + Nikkor 70-200mm f4
馬小屋 - stable

職員さんが乗馬の練習をしている光景を撮影させていただきました。
お顔にはボカシを入れさせていただいております。
下からのアングルで足で砂を書き上げているシーンを切り取った写真になります。
馬の力強さと速さが絵に出ればいいなと思ったり…
D7100 + Nikkor 70-200mm f4, ×1.3 cro
乗馬

———-

次の撮影ロケーションはウトナイ湖の遊歩道での撮影です。

今年は暖かくなるのが早かったため、野鳥の移動が早かったとのことで、残念ながらそれほど多くの野鳥と対面することはできませんでした…
(´・ω・`) 残念です。
その中で唯一私のフレームに収まってくれた子がこの子。
小鳥はフルサイズ換算の400でも足りないですよねっ!
600mmがあれば1200mm 換算になるので、ガッツリ撮れるとは思うのですが、600mm f4なんて買えるお金はありませんけど(笑)
D7100 + Nikkor 70-200mm f4, ×1.3crop
かくれんぼ - hide and seek

 

———-

次の撮影ロケーションは苫小牧工場地帯にある出光興産精油所での撮影です。

「工場萌」デビューしたい私には最高の撮影地です。
ただし、撮影時間には霧雨が降りてきていたので、防滴防塵でないレンズを使う私には怖いものがありました。
また、前日までスーツケースに突っ込んでいた三脚を荷物整理で出したままにして忘れてきたり、前日にヨドバシで購入したレインカバーを何故か使わなかったり、さらにバス酔いしやすい私は見事に潰れていたりと、テンパリ、パニクりの状態でした…
(´・ω・`)
D7100 + Nikkor 70-200mm f4
苫小牧工場地帯 (出光興産精油所) -  Idemitsu Refinery at Tomakomai

×1.3cropモードで切り取ってみました。
こちらの写真も少し水平が取れていないように見えるのですが、カメラ内の水準器は水平なんですよね…
サポートに見てもらうほうが良いのかなぁ?
D7100 + Nikkor 70-200mm f4, ×1.3crop
苫小牧工場地帯 (出光興産精油所) -  Idemitsu Refinery at Tomakomai

———-

最後に宿泊ホテルにて、講評会と野口先生の面白いお話を聞いて、1日目のスケジュールが終了しました。

自分で運転しない自動車系乗り物は酔いまくるので、かなり苦手で気分の悪い状態が続いておりましたが…

それでも今後の勉強になる点や、他の参加者の方々の作品を拝見して、かなり触発をされました。

 

二日目はまた…